近年、各メディアでリフォームが盛んに取り上げられ、その魅力が語られる一方で、リフォーム業界の弊害ともいえる悪徳業者の被害も数多く取り上げられています。
私たちは長年に渡り、家づくりのプロとして、地域密着の姿勢で実績とノウハウを積み上げてきました。
たとえ住まいのわずかな箇所をリフォームする場合にも、住まい全体を熟知した幅広い視野に基づいてリフォーム提案ができます。
地元に根ざす私たちだからこそできる『ホームドクター』的な役割を大切にして、大きな満足と安心感のあるリフォームをお約束いたします。

サンゴの健康壁(ちゅら壁)施工

ミネラルエアーの部屋
沖縄のサンゴを使用した「世界で唯一、日本初の壁仕上げ材」、
サンゴの健康壁ちゅら壁を施工しました。

天然成分だから安全・地球にも優しくて安心!
・原材料は風化造礁サンゴ……湿度を快適に調整
・有害物質や悪臭の吸着分解……ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆
・マイナスイオンで健康空気室……高機能なミネラルエアー
・火に強い不燃素材……国土交通大臣認定防火材料
・遮音性の向上
・耐久性に優れ、美しさ長持ち

朝9時 養生開始。
10時 いよいよ施工開始です。
ちゅら壁の材料です。
1箱に3キロの材料が5個入。
  • バケツに材料1袋とお水2.5Lを混ぜ合わせます。ちょうど、お餅位の固さです。
  • 塗り始めます。既存のクロスははがしません。
  • 既存のクロスが浮いていたところの補修です。
    切り取って少し厚めに下地を塗りました。
  • 一度目は薄めに塗ります。二度目は3ミリ位の厚さで仕上げました。すると下地調整したところが目立ちません。
  • 完成!
※乾燥に時間が必要です。窓等は開放しておいてください。
※クロスを張り替えたときと違い、接着剤の匂いは一切しません。
※でんぷんを使用していますので、乾燥を間違うとカビが発生するということです。
※多少のざらつき感があります(和紙のジュラク壁の雰囲気です)。
 模様をつけることも出来ます。
※今回は下地が和紙クロスということもあり、下地調整をしないで塗りましたが
 ビニールクロスの場合は下地調整が(シーラー剤を塗布)必要かと思います。
※エアコン・テレビキャビネットは取り外していませんので裏は塗布していません。
お客様のその後のご感想
部屋の空気が変わったように感じます。
喫煙しますので匂いが気になりますが、本当に吸着してくれるのでしょうか?
楽しみです。
ただ、色は変化していくのでしょうね。仕方ないのでしょうか。
と 苦笑い・・・(ご主人にこの際禁煙をおすすめしたいのですが・・・・。(^_-)
エーコー建設のモデルルームがオープンしました。
下記リンクよりご覧ください。

空間工房きら 木の魅力 木の不思議